【木を美しく健康的に育てる】剪定の基本知識!

木のお手入れ

お手入れせずとも木などの植物は育つことができます。しかし、栄養分を木全体に行きわたらせるためには定期的に剪定が必要なのです。剪定をすることによって、養分を木全体に行きわたらせることができ丈夫な木にすることができます。

剪定するべき枝の名前を知ろう

剪定

懐枝

幹付近から伸びている枝の名前です。日当りが悪く空気もこもりがちなので害虫にとって最高の場所になっています。

徒長枝

枝から真上に伸びすぎた枝。害虫にとって最高の場所であるのと、風で折れやすいと言われています。伸びたら切るべき枝。

かんぬき枝

かんぬきのように主幹を横に貫いている枝。剪定する場合は左右のバランスを確認する必要があります。専門家の力が必要とする枝と言えます。

胴吹き枝

別名「幹吹き」とも言い、幹の根元部分から伸びている枝。胴吹き枝が伸びると樹木の上部分に栄養が行かなくなってしまうので要注意です。

ヤゴ・ひこばえ

木の根元から生える枝。胴吹き枝と同じように栄養を取ってしまい、本来必要とする木に栄養が行かなくなります。

【木を美しく健康的に育てる】剪定の基本知識!

男性

剪定する意味

剪定する意味というのは、木の栄養を行き渡らすために余分な枝を切って整えたり、形を綺麗にする意味があります。

剪定

剪定を自分でするなら

剪定をしたいと思ったらホームセンターや専門店に行くと良いですよ。色々と剪定に使える商品がたくさんあります。それに専門のスタッフからアドバイスを聞くことができます。

メンズ

準備する物

準備する物の基本で最も必要なのが手袋とヘルメット。剪定する場合は木の枝を触るため枝が手に刺さる場合も想定できます。それに細い枝だけではなく太い枝も剪定するため頭に当たっても被害が少ないようにヘルメットは必要です。

作業員

無理なことはしない

もし、剪定する木が高いとなると脚立を使って行なったりします。剪定に気を取られて脚立から落下事故なんてことも少なくありません。無理と少しでも判断したら剪定専門業者に依頼するようにしてください。安全第一!

キレイに剪定してもらうなら業者に依頼

安全性で業者を選ぶのも良いですが、来客が多い家の場合は業者にまかせておくと良いです。プロの業者ならばキレイな形、正しい剪定をしてくれるため安心して任せることができますよ。